トップ > 高精彩複製画を買う > 作家から選ぶ > 海外の作家 > モネ
Monet

モネ

日本でも人気の高い「印象派」は1874年にパリの若い画家たちが開いたグループ展に出品されたモネの「印象・日の出」から名付けられました。
絵の表面はなめらかに仕上げるのが普通だった当時、モネの大胆な描き方は人々を困惑させ、「描きかけの壁紙のほうが出来上がっている」と批判されたほどでした。
その後も光を表現しようと革新的な作品を次々と発表し、評価されるようになったのは50代に入ってからのことです。
一瞬の印象を追ったモネは、生涯、風景と光を描き続け、野外で描くことにこだわり続けました。
晩年は白内障で視力をほぼ奪われても変化する光を描き続けた、情熱的な画家のひとりです。

モネ「日傘をさす女」

これは対になる2点の人物像のうちの一点で、モネにとって本格的な人物がの最後の試みであった。
モデルは18歳のシュザンヌ。
雲の動きは穏やかで草むらに落ちる人物の影はない。
人物の向きだけでなく、光と風の豹変にも工夫を凝らしている。

表示方法

画像プラス説明文で表示画像で表示

絞り込み
サイズ
額装有無
商品タイプ
並び替え

[ オススメ順 ] [ 新しい順 | 古い順 ] [ 価格が安い順 | 価格が高い順 ] [ 売れ筋順 ]

表示件数

[ 30件 | 90件 | 120件 ]

商品一覧(11件)

|1|  (カテゴリ名:高精彩複製画を買う / 作家から選ぶ / 海外の作家 / モネ)

商品一覧(11件)

|1|
ページトップへ